« はじめまして | Main | 発表 »

April 02, 2004

どうしても

どうしても人形劇というと子供向けと思われがち、これはどうやら人形劇をやっている方には悩みの種であるようです
背に腹は代えられないので、どうしてもお金になる童話作品とかを作らざるを得ない
もしくは芸術作品として凡人には魅力の薄い作品へ そのため敷居が高くなり、若い人はますます入ってこなくなり
全体の高年齢化が進みセンスが古くなる
要するに人形劇で食べていくにはかなりの覚悟がいるわけです。
今の劇団をはじめると決まった段階で既に社会人だったロッカ 集まったメンバーも当然働いてました
仕事捨てるほど根性もないし、かと言って仕事だけもつまんないし
今思えば無謀でしたが、そんなジレンマから、サラリーマン人形師が生まれることとなったわけです

|

« はじめまして | Main | 発表 »

「人形師サイド」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26581/386593

Listed below are links to weblogs that reference どうしても:

« はじめまして | Main | 発表 »