« たくさんのアレ | Main | 洋風に毒されてみる »

March 13, 2006

コントローラーレボリューション

960311_1856.jpg

といっても、任天堂の新ハードの件ではなく、マリオネットのお話
土曜にプーク人形劇場で行われたS・マレノフ氏の演出に関する講義を拝聴してきました。
氏は、プルガリアの国立映画・演劇アカデミーの教授だそうで、人形劇を作るまでの貴重なお話が聞けました。

で、
その講義の場で、なぜか今更最も感動したのは、
洋式のマリオネットのコントローラー!

うちの劇団は日本古来の「手板」と呼ばれる四角いコントローラーを使っています。
もともと大学サークルの頃に伝授されたもので、正直いろいろ不満がありました。
・肩幅より頭の大きい人形に対応できない。
・片側からの操作しか行えない。
・全ての糸が水平に配置される為、角度を変えると全身が傾いてしまう。
・両手を使わないと歩くことが出来ない。
等々

それはそれで味があってよかったのですが、今回洋式のコントローラを触らせてもらえる機会があり、
感動・・・・。

上であげた全ての問題が解消されてる・・・。

何より、片手で歩行できるという点が、人材不足の劇団にはものすごく嬉しい。

早速昨日から洋式コントローラの製作を開始しました。
本物は手元にないので、触らせてもらった感触と写真が頼り。

何でもっと早くこれに出会わなかったのかしら・・・。

|

« たくさんのアレ | Main | 洋風に毒されてみる »

「人形師サイド」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26581/9071011

Listed below are links to weblogs that reference コントローラーレボリューション:

« たくさんのアレ | Main | 洋風に毒されてみる »