« January 1, 2006 - January 7, 2006 | Main | January 15, 2006 - January 21, 2006 »

January 12, 2006

リアル「完成ドリームハウス」

前に紹介したテッペンハウスの件

どうやらどなたかがその土地を買った模様。
http://www.realtokyoestate.co.jp/estate.php?n=2141

鉄塔をぐるりと囲む細い土地、ほぼ90%傾斜地、駅から遠い、山のてっぺん
裏には竹林と高い崖、当然住宅用地ではないので、いろいろ引き込み工事必須

と、家を建てられるもんなら建ててみやがれぐらいの突き放し具合。

でも、眺望は最高です。
遠くにの街の灯が光っていて、感嘆しました。
住宅地なのに別荘地の感覚が味わえます。
あのあたりで500平米超 2000万以下は破格です。

ここに家を建てるのは建築家さんの腕の見せ所ですね。
この挑戦をする方は、確実にTVが取材に来るでしょう。
つーか、来てなきゃおかしい。

是非がんばっていただきたいものです。(ちょっとうらやましい)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2006

バイオハザード4度目の正直

バイオハザード4
バイオハザード4
カプコン 2005-12-01
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starゲームキューブに勝てるか?PS2!
starPS2ではたして・・・・
starこれまた複雑な心境

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Kさんが会社の人に無理矢理に貸し付けられたらしいこのゲーム。
でも、Kさんはゲームしない。
どうやら、オレがゲームすると聞き、Kさん経由でオレに貸し付けられたらしい。

周りにゲームする人が少なくて、感動を共有する人がおらず、
やむなくこちらへということみたいだが、問題は

会った事ないんですけどその人に・・・。

ちなみに過去のバイオハザードは0以外全部やってる。
でも、ヘタレなので全部途中で投げ出してる。
そんなですが、知らない人から貸し付けられた手前、

やらざるを得ない

そんなわけで、年末はほぼ「バイオハザード4」漬け。
どうぶつの森もそりゃ雑草だらけになるよ。
今回は過去の経験を生かして

最初からイージーモードではじめました

ので、さすがにクリアできると思います。(--;)

システム的には3までの固定カメラから、主人公(レオン)の後ろからのカメラになりました。
この変更で戦いやすくなるかと思いきや、振り向き速度が遅く、視界が狭くなっているので、
むしろ見えない場所からの攻撃が多くなってます。
なので曲がり角とか、怪しい場所とかをまず目視確認!
ですが、ここでも狭い視界が邪魔をします。

なんど、壁に張り付いて頭だけ出して曲がり角の奥を確認したい!

と思ったことか
そんな今回の味方は音です。
ゾンビよりたちの悪いことに、村人とか、司祭とか顔色悪いクセに徒党を組んで追ってきます。
やつらある程度知性があるので逆に音でおびき寄せたり
忍び寄ることが可能。
音に気をつけないと、あらぬ方向から攻撃されます。
是非、ステレオでプレイしてください。
ゾンビじゃないので噛み付かれないけど、

おっさんに掴まれるのはだいぶイヤ

最初はおっかなびっくりプレイしてたこのゲームですが、
さすがはイージーモード、ショットガンでガンガン進めます。
敵の攻撃バリエーションもちょっと優しくしていただいて、
アイテムもちょっと多めに出していただいてという感じなので
初めてあった敵も、ギリギリで倒せます(うわ、ヘタレ)
今まで最も強敵だった、タイプライターのカートリッジ数が無限になった為
ヘタレのあたしもなんとか挫折を免れてます。

ストーリーも秀逸
ただの誘拐事件で終わるはずもなく、あの組織がやっぱり絡んできます。
スケールでかい化け物ばっかなんですけど、レオンの孤軍奮闘には感動。

強くなったねえアンタ・・・。

こちらは新顔の敵が登場する度に叫び声をあげる為、Kさんに不審がられてるというのに
もうちょっと動揺したらどうかね

年明けてただいまようやくステージ4
湯水のように使ってきた弾も、心許なくなってきました。
大きくしてきたアタッシュケースも空きが目立ちます。

ここにきて

またあいつが誘拐された

んですが、もう助けなくてもいいですか?
と、画面のこちら側ではつぶやくのですが、動じない男レオンには通じません。

続きはクリアしたら書きます(クリアできんのかな?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャベツが高いそうだ

960109_1743.jpg

ここ一二年、料理をするようになってきて、わりと何でも作れるようになってきた。
大学生で一人暮らしだったときも、料理なんて全然しなかったんだが
やってみたら、これが楽しい。
別にゼロから調味するわけじゃなくて、市販品でも十分美味しいと思う。
(前はそれすらもやってなかったわけで)

男の子はそもそも、親に料理を習わない。
おまけに学校でも調理実習は女子ばっかり
なんでこんなに楽しいことがやらせてもらえなかったのか疑問だ。

ジェンダーフリーとかはどうでもいいけど、
男は技術科、女は調理実習って分けるのはやっぱ変だな。

今回は中華メニューにしてみた。
でも、キャベツが高くて買えず。
やむなく、白菜をベースに回鍋肉を作ってみた。

・・・ん
味濃いな
やはり、回鍋肉にはキャベツが必要だということを再認識
野菜もっと安くならんかなあ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 1, 2006 - January 7, 2006 | Main | January 15, 2006 - January 21, 2006 »