« 今後のお知らせなどなど | Main | 開店日が決まりました。てか、決めました。 »

November 02, 2012

遺伝子的なものを感じたというお話

そういやあ、じいちゃんは大工でした。

005


ようやく、お店用の棚が完成しました。

高さ180cmもあります。

さすがにフルスクラッチはたいへんだったわー。

右の手首が名誉の負傷です。

箸を持つのに苦労しています。

012a


棚の中が暗くならないように、奥行きは浅め。

背中側には網を貼ってあります。

028


ついでに、Dinoでゆずってもらったイーゼルもリペイント。

036


黒板とコルクボードのリバーシブルにしました。


ちなみに、もう一方のじいちゃんは鉄工所経営してました。

なんか、電動ドリルで棚作りながら、ふたりのこと思いだした。

見せてやれれば良かったねえ。


さて、もうひと頑張り。

ついに今月オープンか?

どうなるハコイリアリクイ

|

« 今後のお知らせなどなど | Main | 開店日が決まりました。てか、決めました。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26581/56022465

Listed below are links to weblogs that reference 遺伝子的なものを感じたというお話:

« 今後のお知らせなどなど | Main | 開店日が決まりました。てか、決めました。 »