« September 16, 2012 - September 22, 2012 | Main | September 30, 2012 - October 6, 2012 »

September 25, 2012

人間の写ってない写真で思い出を語る

北海道の秋です。

夏の暑さも落ち着いて、
大通公園は、オータムフェスタで賑わっています。

そんなうららかな日々ですが、後ろの人は風邪ひいて一週間ほど弱っておりました。(;;;´Д`)ゝ

チカホのオーディションの翌日に、定山渓ビューホテルの営業という結構な強行軍をやってみましたが、
どうやらそれが祟ったようです。

ようやく治ってきたので、そのあたりの顛末など

Enimage1347765978917


ステージは14:30と19:30の2回

マリオネット「おかべ」って書いてありますが、ロッカの芸名うまく伝わってなかったようです。

14:30は、ロビーにある小さめのステージでした。
せっかくなので、客引きも兼ねてロービングを10分ほど
今回は、マジシャンの小太郎さんとカップリングでした。

まずは、小太郎さんの華麗なマジック

からの、マリオネットでしたが・・・
ちょっとお子さまは飽き気味?だったのか、
子供たちのノリがイマイチな感触。

おまけに、ステージがすごく蒸し暑い・・・。
ビックリするほど汗が、汗が・・・・。
(;´Д`A ```

そのあたりもあって、やや不本意な出来。

今回は、ありがたいことに、先輩芸人の小太郎さんからダメ出しをいただけました。
一人でやってる身としては、稀有な機会。

「プロは平均80点をキープしないといけない。」

たしかに、ステージの出来/不出来の差が大きいのは問題です。
いつも、新しい場所の一回目はいまいちなことが多いので、反省。

その辺は場数踏まないとダメなんでしょうね。

Enimage1347788490459


間に食事と入浴まで挟んで、後半のステージ

に、愕然。

ひ、広いーーーーー。

ここに人がいっぱいになったら、到底太刀打ちできない。

向かいにステージがあって、一段高くなっていますが、
ふれあいを信条としている、ロッカさん劇団ですから、
ステージは使わず、客席のすぐ前の空間を使うことにしました。

Enimage1347790252277


↑ステージ前にさみしく置かれたトランクと、逃げ出そうとするサルの図

ここまで来たらやるしかない。

不本意だった前半戦の雪辱です。
どうせ失う実績など何もないと開き直ったら、割とやれました。


どうやら、この芸人のステージはホテル側からあまりお客さんに周知されていないらしく、
ステージ開演間際になって、入り口を開けて客を呼び込むシステム。

ちょっと驚きましたが、
こんなときに便利なのが、マリオネット師です。

ナナちゃんとうしろのひとは、ここぞとばかりにお客さんを呼びに行きました。
同じフロアにゲームコーナーがあったので、積極的に声掛け。

ハーメルンの笛吹きのように、お客さん連れて宴会場へ

その流れのまま、ステージをはじめて、スムーズにフィニッシュ!
うまく小太郎さんにバトンを渡せました。

客席3列目くらいまでしか埋まらず、人数的にちょうどよかったのもあったのかな。
あと、盛り上がりを考えて、1回目とは一部流れを変えてみたのも功を奏したようです。

他の場所ではうまくいっていた流れだったのですが、やはり客層が違うと反応も違うのがよくわかりました。


いろいろ勉強させていただいたステージになりました。

感謝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 16, 2012 - September 22, 2012 | Main | September 30, 2012 - October 6, 2012 »